ホーム > WEB SPIRALって? > 機能一覧 > ワークフロー管理機能

WEB SPIRALこだわりの機能をご紹介 機能一覧

ワークフロー管理機能

承認ワークフロー機能

ディレクトリごとに作業権限、承認権限の設定ができるので、各部署や各グループごとで、効率的にWEBサイトの運営が行えます。
また、承認権限者によって承認されたファイルセットのみが公開されるため、修正見落としなどのトラブルが軽減されます。承認の進捗状況がサイト上で確認できるので、更新作業もスムーズに進行できます。

承認ワークフロー機能

メッセージング機能

承認依頼メッセージを、1人もしくは複数の承認権限者にまとめて送信することが可能です。
修正内容の記述や優先度の追加など、任意のメッセージを入力できるので、作業に関わる依頼は全てWEB SPIRAL上で処理できます。
また、メッセージはメールでも送信することができます。

メッセージング機能(画像クリックで拡大表示)

チーム管理機能

ユーザーを部署やグループなどの任意のチームに分け、チームごとに承認者・作業者を個別に設定できます。また、ステージサーバー(確認用サーバー)にFTPする権限も付加できます。チームをまたがった権限付与にも対応。
承認者・作業者は自由に登録・編集・削除することができます。これにより多人数が関わるWEBサイトでもセキュリティを保つことが可能です。

チーム管理機能(画像クリックで拡大表示)

ディレクトリ権限管理機能

部署やグループなどのチームごとに、作業ディレクトリごとに設定できます。

ディレクトリ権限管理機能

ユーザー権限管理機能

各ユーザーに対しての権限を作業者と承認者で分けることができます。

ユーザー権限管理機能

ページの先頭へ