ホーム > WEB SPIRALって? > 機能一覧

WEB SPIRALこだわりの機能をご紹介 機能一覧

配信管理機能

配信管理機能

日時指定での自動公開や、即時配信にも対応。WEBマスターの方は、テストサーバーの管理や、夜中・休日のFTP作業などの煩雑な業務から開放されます。

サイト一発取込み機能 WEBサイト全ての構造・ファイルを取込み、ファイル情報の全てを管理します。
公開予定ファイル作成機能 更新したい画像やWEBページのHTMLのファイルセットを、案件別・カテゴリー別に設定できるため、複数の公開予定に合わせたファイル管理が可能です。
日時指定公開機能
/承認時即時公開機能
作業者が指定した日時、もしくは承認後にファイルを自動公開できるため、公開時の作業を軽減できます。
バーチャルプレビュー機能 公開予定のWEBページを事前にプレビュー確認できます。

履歴管理機能

履歴管理機能

多くのWEBサイト運営では、過去のファイルなどは1箇所に管理できていないのが現状です。そのため、担当者の引継ぎを行うと、過去のファイルなどの紛失・消失などが発生したりします。
また、企業の情報公開の観点から、WEBサイトの過去のファイル履歴は保管・管理すべきという考え方が浸透しつつあり、法制化もされています。
WEB SPIRALは、WEBマスターに負担をかけずに、自動的にファイル履歴を保管。さらに、過去の履歴ファイル情報を元に、ある時刻のWEBサイトを再現することも可能です。

タイムプレビュー機能 過去・現在・公開予定のWEBサイトの公開状況を、分単位で再現・プレビューできます。
監視ログ表示機能 作業者のアクセス履歴を記録できます。
ステージサーバー機能 確認用サーバにFTPで配信していただくと、事前に確認することが可能です。
ファイル履歴確認
/DL機能
同一名ファイルの履歴を確認でき、また過去のデータを再度ご利用頂けます。
操作履歴機能 作業者の操作した記録が残り、確認することができます。

ワークフロー管理機能

ワークフロー管理機能

より詳細な承認ワークフロー機能を実現。ウェブマスターは、WEBサイトのプレビュー・承認を1クリックだけでカンタンに完了できます。

承認ワークフロー機能 承認権限者によって承認されたファイルセットのみ公開されるため、リンクミスや修正見落とし等のトラブル軽減につながります。
メッセージング機能 承認依頼メッセージを、1人もしくは複数の承認権限者にまとめて送信することが可能です。
チーム管理機能 作業者を部署やグループなどの任意の単位に分け、単位ごとに承認者・作業者を個別に設定できます。また、ステージサーバー(確認用サーバー)にFTPする権限も付加できます。
ディレクトリ権限管理機能 部署やグループなどの単位ごとに、作業可能な範囲を各ディレクトリごとに指定できます。
ユーザー権限管理機能 権限を作業者と承認者で分けることができます。

オプション機能

セキュリティオプション パスワード強制変更機能・パスワードロック機能・パスワードルール強化などセキュリティ機能を高めます。

ページの先頭へ